善玉菌にはどんな種類があるの?

私たちの腸内にはなんと100種類以上、500兆以上の菌が住んでいて、それらは善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類されます。
その中でも善玉菌は腸内を酸性にして有害な菌をやっつけてくれたり、免疫力を高めたりしてくれます。
善玉菌にはどんな種類があるのでしょうか。
善玉菌にはたくさんの種類がありますが、代表的なものは「乳酸菌」と「ビフィズス菌」でしょう。
乳酸菌はよく知られているとおり、ヨーグルトやチーズ、納豆などの発酵食品に含まれています。
糖を栄養にして乳酸を作り出す働きがあり、その働きを利用してたくさんの発酵食品が作られています。
腸内では腸を酸性に保って腸内のバランスを整えてくれます。また腸の動き、ぜん動運動を促す働きもあり、便秘や下痢などの改善に役立ちます。
ビフィズス菌は乳酸菌の一種と勘違いされがちですが、生物学的な分類では違うもので、その働きも異なっています。
実は、私たちの腸内に住んでいる善玉菌の99.9%はビフィズス菌です。
乳酸以外にも強い殺菌力を持つ酢酸や葉酸などを作り出し、悪玉菌が増えるのを防いで腸内環境を整えます。
乳酸菌、ビフィズス菌の中にもそれぞれ様々な種類があり、特定の病原菌(例えばピロリ菌)に対して効果を発揮するものなどが見つかっていて、私たちの健康維持に期待されています。

i001

善玉菌が多い食品は何?

善玉菌が多く含まれている食品の代表は、製造過程で発酵させて作られる食べ物です。
一番有名なのはヨーグルトに含まれている乳酸菌で、おなかの調子をよくしたり、便秘を解消するのに役立つ健康な食材として知られています。
細菌は乳酸菌が生きたままで腸に届くタイプのヨーグルトがたくさん登場していて、更に効果的に摂取できるので、人間の体の中で活動しやすいタイプの細菌をしっかり摂取して腸内環境を整えることができます。
善玉菌を含む発酵食品には、日本に昔からある伝統的な食べ物もたくさんあります。
納豆や味噌、醤油などの大豆製品は特に健康的で、乳酸菌の力に加えて大豆の持っているイソフラボンや良質なタンパク質も摂取できるので、体の調子をしっかり整えてくれて、日本人の体質によく合うので吸収されやすいメリットもあります。
漬けものも発酵させて作るので善玉菌を多く含んでいて、野菜なので食物繊維もたくさん食べることができます。
善玉菌は食物繊維をエサにして腸内で増えて活発に活動する性質があるので、発酵食品を食べるときに食物繊維も意識して摂取するようにすればより効果的です。
ヨーグルトにシリアルを混ぜたり、野菜たっぷりの和食や玄米などを食べるのがおすすめです。

i002

善玉菌で便秘を解消できるの?

腸の中で善玉菌が増えると、腸内環境が整って体の機能が正常に保たれるので、便秘を解消したり防いだりすることができます。
人間の腸内には数えきれないほどの細菌が生息していて、それぞれが健康な体を作ったり逆に不健康な状態にするなど独自の働きをもっています。
腸内細菌の中でも特に重要な役割を果たしているのが善玉菌で、腸の中で老廃物や毒素を排出させてデトックスをするために活動したり、食べ物をしっかり消化させるのをサポートするので、便秘になるのをあらかじめ防いで、定期的にお通じを得られるように体調を整えてくれます。
私たちの腸の中には健康を助けてくれる腸内細菌のほかに、健康を害する悪玉菌という細菌が存在します。
体調を崩したり、不規則な生活やバランスの悪い食事を続けていると、腸の中で悪玉菌がどんどん増えて善玉菌が減ってしまうので、腸の機能がしっかり作用しなくなり便秘の原因になります。
普段から体調管理に気を付けて、食物繊維がたくさん入った食品を食べるようにしたり、脂の多いものを控えたり、水分を多めに摂ったりすることで腸内細菌のバランスを保って健康な体を維持できるので、善玉菌を増やすことを意識した食生活をすれば便秘の悩みを解消できます。

i003

口臭解決に役立つ善玉菌

いちど気になり出してしまうと、何をしていても自分が臭っていると感じてしまう口臭。
男女問わず、対人のエチケットとして気にしている人が多いですよね。
口臭の主な原因は、歯周病やドライマウス、舌苔などの口の中のトラブルと言われていますが、このトラブルに大きく関係しているのが、実は悪玉菌の存在です。
人間の身体の中には、悪玉菌と善玉菌が存在しています。
読んでその時の通り、悪玉菌は身体に悪い影響を及ぼす害菌であり、善玉菌はその活動を抑える守り役みたいなものなのです。
本来人間の身体の中には多くの善玉菌が存在しているのですが、加齢や健康状態の低下などによってその数が減少し、悪玉菌が勢いをつけて暴れまくる訳です。
悪玉菌が増えてしまった身体は、当然の如く不調を訴えると同時に、腐敗臭という悪臭をも生み出してしまいます。
この悪臭こそが、口臭の主な原因です。
では、この悪玉菌を退治する為には何が必要か?応えは簡単、善玉菌の数を悪玉菌より増やせばいいということになります。
善玉菌は主に食事から摂取することが可能ですから、オリゴ糖を多く含む 豆類、乳製品、納豆やヨーグルト、漬物などの発酵食品、食物繊維の豊富な野菜、穀類、海藻、豆類、果物などを積極的に取り入れて行くことが大切です。

i004

生きたまま腸まで届くメリットとは?

一般的に善玉菌は、食べ物から摂取する際に生きたまま腸まで届くということは少ないです。
それは、熱に弱く胃酸にも弱いため、ほとんどは腸に届く前に死んでしまいます。
ただし、腸まで届く前に死んでしまったとしても、他の善玉菌の栄養となったり、免疫力アップにも繋がると言われており、今まで食べていたものは無駄というわけではありません。
生きたまま腸まで届く善玉菌を摂っても、死んだ善玉菌を摂っても効果は同じかというと、そうではありません。
生きたまま腸まで届くことによって、乳酸や酢酸などを生産することで、腸内を悪玉菌が嫌う酸性の状態にすることで、腸内環境を改善することができます。
ただし、生きたまま届いたとしても、数日間でほとんどは排出されてしまいます。しかし、生きたまま増殖することができる菌もおります。
善玉菌が生きたまま腸まで届くことで、便秘の改善やアレルギーの緩和、花粉症の予防、改善やアトピーの改善、コレステロールを下げる、高血圧の改善などの効果を得ることができます。
摂取を続けることで、さらに悪玉菌と直接戦ってくれるということもあるため、ヨーグルトなどを習慣的に摂取すること自体意味があります。

i005

関係があるウェブサイトについて

こうしてみると、善玉菌って色々なメリットが期待できることがわかりますね。
積極的に摂取することで、色々と実感できればいいのですが、狙っている効果が得られないということも。
もしあなたが便秘についてなんらかの解決策を求めているなら、便秘のお茶が解決の糸口になるかもしれません。

参考サイト:便秘の解消と対策に良い食べ物